OUR STORY

Sari Anton

 幼少期より自然が色濃く残る場所を転々と暮らす。

動植物を愛し、自給的な暮らしの中、オルタナティブな両親のもと独自の感性を育む。中学校卒業後体調を崩し、同時にアレルギー体質の悪化により1年半療養に励む。その後は高校に進学せず心と体の健康について学びを深める。

2009年、国東半島で築120年以上の古民家を家族と共に改修。コミニティースペース「百種momokusa」をオープン。

 2012年沖縄北部にベースを構える。

2018年植物プロダクトSUIGENを設立。現在、大分県と沖縄県を拠点に製品作りに取り組む。

Born in Hiroshima, Sari was raised between Kyoto, Okinawa and Oita. Her upbringing in a self-sufficient environment allowed her to foster close relationship with plants and wild life.

Learning firsthand cooking and building, she decided to renovate a 120 year old farm house to open an organic café in northern Oita.

After giving birth to her two children, Sari relocated to Okinawa. She currently bases her work in both the Kunisaki peninsula and northern Okinawa.